ソリューション事業

ソリューション事業

企業防衛の観点で健康経営・メンタルヘルス・ハラスメント対策を提案します


【健康経営の観点から考える】

従業員の健康の維持・増進が企業の生産性や収益性の向上につながるという考え方に立って、経営的な視点から、従業員の健康管理を戦略的に実践することを提案していきます。

【メンタル面で不調の重症化を防ぐ】

近年、社会問題にもなってきているメンタル面からの人材の流出を、研修やカウンセリングなどを中心に改革を進めていきます。

【ハラスメントと真剣に向き合います】

企業コンプライアンスを考えた時に、避けては通れないのが、ハラスメントの問題です。通報窓口の設置や、研修などで、社内外への対策を行ないます。

プラーナの健康経営支援とは

1)経営者専門の健康相談業務

経営者専門の健康相談業務を、行なっております。経営者だけでなく、そのご家族までの相談を、現役の保健師が専属で対応しますので、非常に安心です。まずは「経営に集中する」体制を整えます。

2)管理監督者向けの健康相談業務

管理監督者を中心とした「健康相談」を行ないます。「自分は大丈夫」と思ってしまう「健康」ですが、現在のご自身の健康状態の「見える化」を行ないます。管理監督者が率先して健康管理に取り組むことで、社内の健康意識が向上し、作業効率の向上だけでなく、人材の流出の対策にもつながります。

3)従業員への健康管理の勧奨

健康診断だけでなく、日々出来ることの継続を促すことで、大きな変化に繋がります。まずは、各従業員の抱える悩みなどから、全体の問題点を導き、対策を打ち出します。

ストレスチェック義務化対応プログラム「プラーナのストレスチェック」とは

プラーナのストレスチェックは、改正安衛法に準拠したストレスチェックです。受検率を上げるための対策や、受検勧奨なども同時にできるのが特徴です。

ストレスチェック制度で期待できる効果(例)
■ メンタル不調者数や休職者数の減少
■ 休職者の復職までの期間短期化や、復職後の再発率の低下
■ ストレスチェック結果の値の改善
■ 仕事の負担感やコミュニケーションの取り方など、ストレス要因の改善
■ 管理職の意識、行動の変化
■ 個々人のセルフケアに対する意識、行動の変化

カウンセリング

ストレスチェックプログラムと連携しカウンセリングが必要な従業員について面談等を実施します。
契約先企業の従業員からの申し出に対し、専門家によるカウンセリングを提供します。

ハラスメント対策

うつ病予防、ハラスメント、コミュニケーション等のメンタルヘルスケアに関わる広範囲な研修を行います。
また、ハラスメントによる、外部通報窓口の対応や、メンタルヘルス対策に関する各種規定および制度構築支援。
休職/復職等のメンタルヘルスケアに関連した社内規程等の作成支援を行います。
運用マニュアルの整備、関係者へのレクチャーを行います。

米国で30年の医療実績1000万人以上が使用

アルファスティムAIDは、アメリカの厚生労働省にあたる機関で認可されている医療機器です。電極を装着し、極微弱な電気を流し、その電流が脳の活性化を促します。臨床環境において、1日20分からの使用で、10名中9名が効果があると実感。
特に不眠症、うつ病、不安障害、慢性疼痛などに優れた効果を持つと言われています。
さらに、仕事やスポーツなどで、リラックスしたいとき、疲労回復したいときなどにも利用できます。
また、ストレスチェックが義務化になり、心の健康が重要視される中、このアルファスティムAIDは、その一次予防だけでなく、二次予防、三次予防にも期待できるのが特長です。

医療機器の導入と同時に研修の提案も行なっております

弊社の研修は、講師が一方的に話す、眠いだけのものではありません。
ワークを取り入れ、事例をあげながら、「考える」ということをしていただくため、研修後に活用しやすくなります。

健康経営やメンタルヘルスにおける、各種ハラスメント、そこから想定される企業リスクとそのマネジメント、そういったことをわかりやすく研修することで、より実践的なものにしていきます。

PAGE TOP